文京区千駄木エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 千駄木校】にお任せ下さい!

menu

文京区千駄木エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 千駄木校

こんにちは。室長の海和です。

1月もあと少しですね!!

2月には定期試験、受験と大事な時期になります。

準備で大切な時期は「今」です!

学習の相談は千駄木校へ!!

こんにちは、千駄木校です。

 

早いもので、1月ももう半分が過ぎ、センターも終わり。

こうやって気がつくと春になっているのでしょうね。

寒い冬もこうやっていつか終わると思えば、受験勉強も踏ん張れるのでしょうね。

私たち大人に置き換えると、終わらない日々の仕事があり過ぎて、こんなんだから「気がつけばもう今年も…」みたいなことになるのでしょうか。何事もメリハリが重要ですね。あな、おそろしや。

 

さて、過ぎていく日々に追いすがるように七草がゆの話をします。

七草がゆ、食べましたか?そしてその日が何の日かご存知でしょうか。

調べてみたら、あらまあそうなの?また蘊蓄が一つ増えたわ、ということに。

せっかくなのでここでみなさまとシェアです。

毎度お馴染みの暮らし歳時記さんのサイトによると、

(以下引用)

 

四季折々の行事の中で、「五節供」は私たちの暮らしの中にも、根付いています。「五節供ってなに?」という方でも「七草」「ひな祭り」「子どもの日」「七夕」「菊祭り」などと聞けば、「ああ、楽しんだことがある」と納得されるでしょう。

ところで、そもそも「五節供」はどうして始まったのでしょうか。

「節」「節供」の由来

五節供の「節」とは、唐時代の中国の暦法で定められた季節の節目のことです。この中国の暦法と風習が日本に伝わると、日本古来の儀礼や祭礼などと結びつき、宮中で邪気を祓う行事が催されるようになりました。神に供えものをして無病息災を祈ることから「節供」といい、「節句」の字をあてることもあります。

明治になって五節供は廃止されましたが、今でも年中行事の一環として私たちの暮らしの中に定着しています。

五節供には、3月3日や5月5日のように奇数の重なる日が選ばれていますが、1月1日(元日)は別格とされ、7日の人日(じんじつ)が五節供の中に取り入れられています。

また、邪気を祓うために、旬の植物から生命力をもらうということで、それぞれの節供には植物が深くかかわっています。

 

 

なるほど!そういえばお節句には植物必ず出てきますね!春の七草、桃と橙、柏と菖蒲、笹、菊…。ふむふむ。やはり植物とは古来からのお薬。季節の変わり目には必須なものですね。

植物の力、今年はたくさんお借りしようかしら。

 

ではまた。

 

********英才個別学院 千駄木校 概要********

【住所】〒113-0022 文京区千駄木2-34-8 ツインパレス2F

【授業時間】

平日17:00~21:30

授業①:17:00~18:25 授業②:18:30~19:55

授業③:20:00~21:25

土曜日14:00~20:00

授業①:14:00~15:25 授業②:15:30~16:55

授業③:17:00~18:25 授業④:18:30~19:55

【対象】 小学生・中学生・高校生・既卒生

【教室へのお問合せは】

①当教室ホームページからお問い合わせください。http://eisai-sendagi.com/

②当教室までお電話ください。03-5815-6633(14:00~21:00 日・祝休み)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院  千駄木校 フェイスブック
英才個別学院  千駄木校 ツイッター
英才個別学院  千駄木校 YouTube チャンネル